もちもの・服装・装備

「おやこ山えんそく」でのもちもの・服装・装備は以下です。

鎌倉の大仏ハイキングコースでは、運動靴でもOKです。

 

【持ち物】

・こどもの着替え1組以上(必須。特にズボンや靴下は歩行中汚れるのが前提です)

 ※靴下はいくつか替えがあってもいいです。

・レインウエア(どんなに天気が良くても、必須。防風の役割も)

・水筒(ナナメ掛けをさせずに、リュックにしまってください)

・おべんとう(お昼は各自で用意となります)

・おやつ(お好みで。子どもが「疲れた~」の時に効きます!)

・防寒着(立ち止まると肌寒いので親子ともに必要。風を通さないものが◎)

・タオルや手ぬぐい

・ビニール袋

・レジャーシート(家族みんなが座れるサイズを)

・絆創膏、消毒薬、常備薬など

・おんぶひも(2歳くらいまでの子は持参を)

・コップ(お持ちいただいた方に、お茶をサービスします)

・日焼け止め、虫除けスプレー(時季にもよります。適宜)

・保険証(任意。管理、取り扱いにご注意ください)

 

【服装・装備】

・動きやすい格好(露出の少ないもの)

・帽子

・体温調節しやすい重ね着を(下記、注意点参照)

・運動靴(親子ともにはきなれてる運動靴で。お持ちの方はトレッキングシューズで!)

・リュックサック(水筒含め、必要なものが入る大きさが◎)

※お子さんの荷物はできる範囲でお子さんにもたせましょう。

※おやつ、水筒、着替えなどの持ち物は、お子さんと一緒に決めて、自分でリュックにいれるなど、準備から楽しむことをおすすめしています。

 

【注意点】

・2歳くらいまでのお子さんは、コース途中で「抱っこ・おんぶ」になる可能性もあります。おんぶ紐のご用意をお願いいたします。

 

体温調節できる服装でお願いします。動き出して身体が温まった場合は、こまめに着脱して、汗をかきすぎないように体温調整が必要です(歩いているときは体が温まり、汗が出る時もありますが、休憩しているときは体温が下がります)。そのため、大人はもちろん、子供も脱ぎ着しやすい重ね着でお願いいたします。

「下着+半袖または長袖Tシャツ、薄手アウターを持参」のように、細かい調整ができる重ね方が好ましいです。

上着は風を通さないものを選びましょう。休憩時などで風に当たっていると体温が奪われていきます。

また、天気がよさそうでも、レインウエアは、必ずお持ちください。いざというときの、防寒・防風ウエアにもなります。

 

コットン100%素材のTシャツはあまりおすすめしていません。「汗冷え(かいた汗の水分で体を冷やしてしまうこと)」しやすいので、アンダーウエアやジャケットの下に着るTシャツなどは、スポーツウエアのような素材のものを着用するのをおすすめします。

 

・親、子、ともにデニムはおすすめしていません。デニム素材は意外に「動きにくい」素材です。ストレッチ性のあるパンツや、チノパン、タイツ+ハーフパンツなどをおすすめしています。子どもも露出が少ないよう長ズボンまたはタイツ+ショートパンツ(スカート)などをおすすめしています。

 

・ナナメ掛けバッグは、歩くときのバランスが悪くなるのでおすすめしていません。できればリュック(デイパック、バックパック)に荷物を入れてお越しください。

 

お菓子はスーパーで買ってきたそのまま持ってくるとかさばり、ゴミも出ます(もちろん、ゴミは各自持ち帰りです)。中身だけ密封袋などに入れて小分けにすると便利です。